何を言っているのかわからない

滑舌が悪い。
特に最初の一言目が特に悪いらしい。
なのでお店での注文時は必ずと言っていいほど、はい!?
と聞き返されるのだ。
メニューの名前が長い時は特に緊張する。
「伊達鶏とほうれん草と三種の熟成チーズのクリームソース」
なんて言えたためしがない。
しかし有り難い事に、スパゲッティの五右衛門は番号が振ってあるので、
「5番で!」といえばさすがに分かってくれる。
それでも「2番…ですか?」と言われた事もあるが、、、

ひどい時はツタヤでDVDのレンタル時に、
「ご利用泊数はいかがされますか?」
「2泊3日で」
「……1泊2日で宜しかったでしょうか?」
違うよ!明らかに聞けてなかったでしょ!
それに1泊2日じゃ返せないよ!!
心の叫びを押さえつつ、指を2本使って
「いや、2泊3日で」
とジェスチャー付きでようやく、
ああこの人は2泊3日と言っているんだなと、
おぼろげに分かってくれるのだ。

このままでは将来が不安である。
例えば、何かの飲み会で乾杯の音頭をお願いされたとき、
ちゃんと言えるだろうか?
乾杯! は勢いが大事である。
乾杯!と言ったつもりが、え!?なんて言った!?となったら腰倒れもいいとこだ。

また、まかり間違って国の運命を左右する発言をなぜか
私がしなければならない場面が来てしまった時はもう滅亡寸前だ。
しかも「我が国は賛成です」みたいな短い文ですら危うい。
ツタヤで「2泊3日」も伝えられない人間が、言えるはずも無く、
「我が国は参戦です」と伝わり戦争になってしまう。
そうならないためにも今日から滑舌の練習を始めます。
国のために。

dsc_8449





この内容に、関連する記事


トモレターを購読する

メールマガジンメールマガジン

RSS FeedRSSを購読 twittertwitterでフォロー

コメント

  1. [...]  → 何を言っているのかわからない1 [...]




Category: 独白
Tags: , , ,
Comments(1)

Back to top