読めるぞ

電子書籍がこれから本気で来るという記事があった。
モバイルで本や漫画を見るという感覚がとても信じられない。
あんな小さな画面ではなく、本を買えば良いじゃないかと。
と思ったが、電子書籍を買わない理由付けを自分でしている事に気づいた。
これで話が終わるとなんだか一本、電車に乗り遅れるような気がしたので
iphoneで「i文庫」を買い、
漫画も「ナニワ金融道」「4p田中くん」「夜は別の顔」などを
半ばやけくそでダウンロードしてみた。

dsc_1818

不思議な感覚があった。
作品がとても近く感じた。
「i文庫」で夏目漱石を読めば、そこに夏目漱石がいるかのようだ。
読むのにはまったく問題ない。
漫画はタップすることで次のコマにいくのだが、
最初は何回もするタップが煩わしい。
しかしリズムができてくると、妙に読むテンポがよくなってきて楽しい。
キャラが生きてくる。
「夜は別の顔」は少女漫画だが私でも読んでしまった。

確かにこれには可能性を感じた。
翻訳さえしてしまえば世界へ配信できるし、個人でも入っていけそうだ。
これから色々と実験していく。





この内容に、関連する記事


トモレターを購読する

メールマガジンメールマガジン

RSS FeedRSSを購読 twittertwitterでフォロー

コメント




Category: 独白
Tags: , , ,
Comment

Back to top