天才の正体について

人を天才と言うのは逃げなのかもと、ふと思った。

例えば、イチローもアインシュタインも
一般的に天才と言われている。
でも幼稚園の頃は私たちと、
大して変わらなかったはずだ。
でも今では、自分とは大いなる差がついている。
何がそんなにも分けたのだろうか?

それはイチローならば、日々の鍛錬と努力であり、
アインシュタインならば、未知への飽くなき情熱だったりするだろう。
ようするに彼らに比べたら、
私は日々をサボっていたのだ。全然、考えていなかったのだ。

「そんなことはない!
 自分なりに頑張ってきたし、色々考えて来た。
 彼らは生まれ持ったものが、きっとあるんだよ。
 だって、彼らは天才だもの。」

つまり、
彼らを自分とは、違う生物にしてしまうことにより
己の怠惰を正当化する、便利な言葉。
それが、、、「天才」

DSC_1623





この内容に、関連する記事


トモレターを購読する

メールマガジンメールマガジン

RSS FeedRSSを購読 twittertwitterでフォロー

コメント




Category: 独白
Tags: , ,
Comment

Back to top