アマルフィと環境と評価の影響と

真保裕一ファンとして、アマルフィを観に行ったのだが、
人が多くてただ驚いた。300席が満員である。

なんだか遥か昔に観た行った、
ジュラシックパークの時を思い出した。
あの時はどういうシステムか忘れたが、
席はおろか通路にも、なぜか客がわんさかいて、
立ち見の僕たちは、ああ良かったねと称えあった。
立ち見なのに。

2時間の立ち見は通常、辛いと思うのだが、
そんな記憶は無い。
とにかく素晴らしい時間だったと残っている。
その理由の一つは、やはりあの時も人が多かったからだ。

ガラガラの客席で物悲しく観るよりかは、
満員の客席で感情を共感したほうが何倍も楽しく感じる。
もちろん他のお客さんの心の内はわからないが、
そういうのは不思議と何となく伝わってくるものだ。

気のせいでしょうか。

アマルフィ。
観て良かった。
これがもし、ガラガラの映画館だったらば、
やはり違う感想になっていたのだろうか。
だとしたら作品の評価は、観た環境にも左右される事になる。
そこが気になった。

DSC_4496





この内容に、関連する記事


トモレターを購読する

メールマガジンメールマガジン

RSS FeedRSSを購読 twittertwitterでフォロー

コメント




Category: 独白
Tags: , ,
Comment

Back to top